ITの基盤NASシステムを変える“iCyberNAS64”とは

高速 64bit Linux NAS【iCyberNAS64】の特徴

Time to Market(マーケットニーズにタイムリーに対応)
Time to Marketの実践

*最新メディアの採用
-2.5inch 高速SAS HDD(15Krpm 300GB)
-2.5inch 高速SAS HDD(10Krpm 900GB)
-3.5inch 大容量SATA/SAS HDD(4TB SATA)
-最新SSDの採用(R/W 500MB/s 500GB MLC)
*HDD/SSDとのHybrid構成による高速化ランダムI/O
-キャッシュ化SSDの採用のメリット
ランダムRead/Writeの劇的向上+RAID HDDによるデータ保全のシームレスな両立


CyberNAS2.JPG

iCyberNAS64の仕様


iCyberNAS

ファイラーヘッド

Six Core Xeon

4GBメモリ-(最大 256GB) 

システム・ディスク(ミラー)


  インターフェイス ディスク

SATA / SAS 


 ネットワーク 

1000Base – T(RJ45) x 2

10GbE(オプション)

InfiniBand 40Gbps/56Gbps(オプション)*


シリアル 

UPS接続用 x 1, シリアルコンソール用 x 1



 拡張スロット
 

PCI-Ex-Gen3(x8) x 7


 対応プロトコル
 

NFS, CIFS, FTP, WebDAV, iSCSI, IPoIB


認証

ADS, NTドメイン, NIS/NIS+


ディスクベイ 12 16 24 48
電源 500W(1+1)  650W(2+1) 950W(3+!) 1500w(3+1)

*HPC分野で実績のある Infiniband を利用し、それ上で IP パケットをカプセル化して、IP通信を実現。この高速なネットワークに iCyberNAS64 はいち早く対応しました。

データ容量の増加に比例してストレージ機器の台数も増加しております。ストレージの増加にともない、SAN(Storage Area Network)の利用が増えつつありますが、これまでのFC SAN環境構築には、多大な費用と専門の技術者が必要でした。しかし、既存のIP環境を利用してSAN環境を構築することで、リーズナブルにSANを構築することができます。
iCyberNAS64は、クライアントに対してiSCSI Targetを提供することで、簡単にIP-SAN環境を構築することができます。



icybernas64_article10_img01.gif